このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
079-266-0956
年中無休 8:30-17:30

イベント情報

次回イベントをお楽しみに♪♪♪

林建設で建てるお家



林建築は昭和36年に創業しおかげさまで58周年を迎えることができました。
年中無休でのアフターフォローにてお客様の大切なお家をお守り続けております。

1年2年5年10年点検を自社でおこなっており
アフターサービスを迅速に365日スタッフ一同行ってきております。

大切なお客様が、強い家に住む事。
強い耐震制度を誇り、強い家づくりに力を入れることが
この国では何よりの備えだということをモットーとし備える住まいを建築しております。

地域で愛されてきたビルダーがパナソニックのノウハウを活用し良質な住まいをお届け致します。

お家づくりどうしよう?

何から始めたらいいの?
子供連れでも大丈夫?
ローンの相談は?
リフォームと新築どちらにしよう?
そのお悩み林建設にお任せください‼

女性建築士がプランニング

  • 写真
  • こんにちは。
    私はお客様の様々なお悩みにスピーディーに対応する事を心がけております。
    キッチンやパウダールームなど女性目線でのコーディネートから構造体や耐震の事までお任せください。

    また、家を建てるにあたって気になる「お金」のお話などもお答え致します。
    お子様のおもちゃや絵本も充実しております♪
    お子様とご一緒に是非ご来店くださいませ!!

    奥様のワガママなお悩み、大歓迎です!!

    山野みず穂

■ インテリアコーディネーター
■二級建築士
■二級建築施行管理技士
■宅建建物取引主任者 

パナソニックと林建設

-パナソニック製品で建てる林建設のお家-
構造・住宅設備・電気設備
生活家電まですべてPanasonic!
Panasonicビルダーズオリジナルの梁

Panasonicビルダーズオリジナルの梁

Panasonic製品にこだわった高品質な住まい
林建設はパナソニックビルダーズグループの一員です。
パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」と
パナソニックの住まいづくりシステムを導入。
「世界のPanasonic」のブランドの名に恥じない品質を
お求めやすくお客様へご提案しております。
結露問題
建物全体に通気構法を採用することで結露が発生しにくく、建物の耐久性をしっかり確保。
ここが気になる!!家の内部!!!
耐震 地震時にもっとも負担のかかるに梁に
鉄骨を入れ住宅を強化。
サビ

亜鉛は鉄よりも先に反応する性質がある為、
防錆作用に優れております。
溶融亜鉛メッキ処理を施し最高等級の基準をクリアしてます。
同寸法のムク材の約1.5倍の強度と耐久性を持つ
自然素材の構造用集成柱を採用。
接合
Panasonicビルダーズオリジナル接合金具を使用。
一般的な木造住宅接合部の約3倍もの引き抜き強度を実現。
アリ

白アリ被害の恐れがある木製を床下に使用せず
銅製で製造された「テクノ束」を採用しております。
約3トンの荷重にも耐える事が可能。
アリ

白アリ被害の恐れがある木製を床下に使用せず
銅製で製造された「テクノ束」を採用しております。
約3トンの荷重にも耐える事が可能。
結露問題
建物全体に通気構法を採用することで結露が発生しにくく、建物の耐久性をしっかり確保。

構造計算システム

すべての家に厳しい「構造計算」を義務付け、一棟ごとに災害シュミレーションを実地。

林建設が建築中の実際のお家

建築基準法で定められた耐震等級は1
林建設のテクノストラクチャーでの建築は
耐震等級3の最高ランク性能!!

是非ご覧ください

豊富な外観デザイン

クラシック
-Classic Style-

ジャパニーズモダン
-Japanese Modern Style-

プロヴァン
-Provence Style-

シックモダン

- Chicmodern Style -

リフォーム

長年大切に住んだお家を今の生活スタイルに合わせてリフォーム。
林建設ではお家の「思い出」と「未来」をコラボレーションさせ
「我が家」を作り上げていきます。

リフォームページを見る

大切なお家が建つ
「土地」

大切なお家を建てる土地。地盤調査は必ず必要です。
林建設では地盤調査の結果と敷地周辺に関する情報を総合的に見て地盤改良が必要かどうかを決定しております。
大切なお家を安全に支える為の地盤強化。住宅の基礎となる部分からお家造りが始まります。

地盤調査
地域密着型の林建設ではこれまでの調査実績からエリアの地盤特性を熟知しており、地盤調査にも役立っており制度の高い地盤調査ができております。

柱状改良工事
地盤調査後、地盤改良が必要になった場合でも林建築でしっかりと改良していきます。
こちらは柱状改良工事という60cmのコンクリートの柱を地中に造る工法です。

地盤調査について
よくある質問

Q
地盤調査は絶対にしなければならないのですか?
A
はい。2000年の建築基準法で実質義務化されました。
大規模地震が頻発する昨今、建物を支える強さは地盤にあります。
地盤調査は建物を支える強さを調べ傾いたり歪んだりしない様調査します。
Q
建替物件で地盤調査をして改良が必要と言われました。
今までなんともなかったのに改良しないといけないのですか?
A
以前の建物がなんともなくても、地盤調査の結果基準未満の数値が出てしまった場合には改良工事の検討が必要になる事がございます。
Q
地盤調査は絶対にしなければならないのですか?
A
はい。2000年の建築基準法で実質義務化されました。
大規模地震が頻発する昨今、建物を支える強さは地盤にあります。
地盤調査は建物を支える強さを調べ傾いたり歪んだりしない様調査します。
スタッフ紹介
地球があってこその、家

こんにちは。
林建設で努めて45年目を迎える樋口隆夫です。
私は林建設の専属の大工を経て
今は資材倉庫の担当です。

新しいお家を建てる時やリフォームする時必ず出てくるのが「ゴミ」

林建設では、一度自社の資材倉庫に持ち帰り
リサイクルできるものなどに仕分けし、
自然環境保全に努めてます。

ゴミではなく資源に。
地球を守ってこそ、立派な家が建つと思っております。
林建設専属の大工さん 中田親子

父の背中を見て育ち、僕も大工になりました。
父と共に建てる、林建設のお家。

「見えない所ほどしっかりせえ!」

父の言葉であり、僕の格言です。

今日もしっかりと、お客様のお家を建てています。




林建設 公式SNS

素敵なお住まいのご紹介や暮らしに役立つコンテンツなど、
住まいづくりに関する最新の情報を発信しております。

お問い合わせ
079-266-2211

【営業時間】8:30〜17:30
   365日年中無休

     林 建 設 株 式 会 社 
住所:姫路市実法寺431-3 
電話:079-266-2211 
FAX:079-266-0956
E-mail:hys-000@hera.eonet.ne.jp